飼育小屋少女のネタバレ・あらすじ【小学校の汚い小屋の中で丸裸で監禁】

飼育小屋少女〜The Girl Like a Human〜ネタバレ・あらすじ

【飼育小屋少女】

<<この漫画を無料で読む>>

その学校では「人間にそっくりな動物」が飼われていた――とある地方へ赴任した若い男性教師。そこで彼は「ミミ」と呼ばれる少女に出会う。彼女は動物として学校の飼育小屋の中で飼われ、そして発情期のオスたちの交尾相手をさせられていた。無垢な少女の未成熟な身体が獣欲のままに貪られる…その光景に心を奪われた彼は、次第に自分を抑えきれなくなり、ある夜ついに飼育小屋へ忍び込んで一線を超えてしまう。人間とのセッ○スの快感を知った少女も、彼との行為を心待ちにするようになり…人間によく似た動物の少女と、彼女に恋した男の物語。

【飼育小屋少女】

<<この漫画を無料で読む>>

 

【この漫画を画像付きでガッツリネタバレをしていきます!!】

 

この漫画のもっとも過激なシーンがありました。

 

女の子は人間としての扱いをされることがなく

冷たい小屋の中で閉じ込められています。

 

 

そして毎日のように金網に閉じ込められて

手足を縛られて、冷たい水をかけられまくります。

【飼育小屋少女】

<<この漫画を無料で読む>>

 

これは、隣に引っ越してきたお姉さんが、少年を誘惑するエッチな物語です。

 

 

ある日、少年は自分のアパートでテレビを見ていました。

 

 

すると、玄関のチャイムが鳴りました。

 

 

さっそく見てみると、エロいお姉さんが立っていました。

 

 

少年は、ドアを開けました。

 

するとお姉さんは、「今日から、隣に引っ越してきた、Aです」と自己紹介しました。

 

 

そして、お土産を少年に渡しました。お姉さんは、お辞儀しました。

 

 

その時、お姉さんのおっぱいの谷間が見えました。

 

 

少年は、興奮しました。お姉さんは去っていきました。

 

 

少年は、まだ小学3年生です。しかし、あそこはビンビンになっていました。

 

 

「あの小学生の子のあそこ、びんびんだったわね…」

 

 

お姉さんは、実はわざと胸を見せていたのです。

 

変態女だったのです。次の日の朝、少年は学校に行こうと玄関のドアを開けました。

 

 

すると、お姉さんが玄関前の掃除をしていました。

 

 

お姉さんは、「また見せてあげようかな…」と呟いて、少年の目の前で、おっぱいを見せました。

 

 

今度は先っぽまで見えました。少年は、ズボンを突き破るくらいボッキしました。

 

 

「す…ご…い…」

 

 

そしてさらに、つまづいたフリをして少年におっぱいを押し当てました。

 

少年は、興奮しすぎて鼻血を出しました。

 

そこでさらに、何かにつかまるフリをして、ちんこをしごいてきました。

 

 

少年は、射精しました。

 

 

その次の日も、お姉さんは少年にいろいろなエロい体験をさせてあげました。

 

こんな、エロいお姉さんがいたら最高だなと思いました。そんな物語でした。

*この漫画はお試し読みで無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

【飼育小屋少女】

<<この漫画を無料で読む>>

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。