【陰部にギリギリまで顔を近づけていました。】人をダメにするちょいブスのネタバレを無料で配信します。

陰部にギリギリまで顔を近づけていました。

ブスの表情で刺激で勃起してしまう作品です。

 

作品名【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

【この漫画のネタバレ】

 

タクミは朝起きてみると、陰茎と陰嚢のところに全部で6つほど赤い腫れ物が出来ていました。

 

 

心配だったので、近にある病院の皮膚科を受診しました。

 

 

受付を済ませて皮膚科の待合室で待っていると、大柄で腰周りの肉付きがよく、白いズボンがはち切れそうになっている30代ぐらいの看護師さんから事前に質問を受けました。

 

 

患部の場所を聞かれたので、他の患者さんに気付かれないように小声で「ここ」と言って股間を指差しました。

 

 

看護師さんは表情を変えることなく事務的に「暫くお待ち下さい」と言って診察室に戻りました。

 

 

待っていると先ほどの看護師さんに呼ばれたので、診察室の中に入りました。

 

 

 

皮膚科の先生は30代ぐらいのおばさん風な感じの女医さんでした。

 

 

 

予想していなかったのでちょっと躊躇しましたが、タクミの顔を見るなり「陰部に出来物ですか?」と聞かれたので「ハイ。」と答えて女医さんの前の椅子に座りました。

 

 

問診の後に視診がありました。

 

 

女医さんから「ここで見ますので、立ってズボンとパンツを下ろして下さい。」と言われたので、ズボンのベルトを外すと、後ろにいた看護師さんにそのままズボンとパンツを下げられてしまいました。

 

 

看護師さんは既に手袋をしていて、露出した陰部を後ろから覗き込むようにして、陰茎を掴むとそのままおへそのほうに引っ張り、陰茎と陰嚢の腫れ物が女医さんから見易いようにしました。

 

 

 

女医さんは腰を屈めて私の陰部にギリギリまで顔を近づけていました。

 

 

実はその時既に勃起し始めていて、手袋をした看護師さんの手にはその感触が伝わっていた筈です。

 

 

診察の結果は毛嚢炎でした。

 

 

特に心配ないとのことで薬が処方されました。

 

 

タクミはは受付で会計を済ませ病院を出ようとしていると、先ほどの看護師さんが来て、近くの男女共用の個室トイレに連れていかれました。

 

 

何でも次の患者さんで診察室が塞がっているとのことでした。

 

 

患部に包帯をし忘れたというのでズボンを下げられ、先ほどのように立ったまま陰部を露出させられ、ガーゼと包帯を宛がわれました。

 

 

看護師さんは私の陰部の前にしゃごみ込んでいて、白いズボンの腰や太ももがピッチピチでした。

 

 

タクミの陰茎はみるみる勃起してしまいました。

 

 

看護師さんにとっても、その生理現象は決して不愉快ではなかったようで、大きくなった陰茎を思いっきり扱いてくれました。

 

 

看護師さんの両手の上のトイレットペーパーの中に凄い量を吐き出してしまいました。

 

この漫画はBookliveの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【まとめサイト】♡おまけのセクシーショット♡人をダメにするちょいブス・チンジャオ...

【ベッドに縛られた洋子!!】人をダメにするちょいブスのネタバレとレビューをまとめ...

【オトナ向けのランキング1位を獲得!!】人をダメにするちょいブスを無料でネタバレ...

【ひゃ、ふ…ぁ(蕩けた顔でもじもじ)】人をダメにするちょいブス〜無料のエロ漫画を...

【最終話の結末に感動した作品】人をダメにするちょいブス〜チンジャオ娘の大人気のエ...

【抜けるエロ漫画】人をダメにするちょいブスの無料のネタバレと感想をまとめました。